TEA TOPICS ティーサーバー情報

給茶機や自販機などを導入する際に比較するべきポイント

仕事中に飲み物を買いに行くのは、気分転換になる一方で、面倒という方も少なくありません。そのため、オフィスには給茶機や自販機など、従業員が気軽にドリンクを楽しめる設備を整えておきたいところです。今回は、給茶機や自販機などオフィスに設置するドリンク設備について、比較するべきポイントを解説します。

オフィスにはドリンクスペースを設けよう!

オフィスに気軽にドリンクを楽しめるスペースがあるのは、従業員にとって魅力的です。ドリンクを買いに外に出る必要がなくなるため、業務効率のアップも期待できます。

ドリンクスペースを設ける方法としては、レンタル会社と契約して給茶機を設置する方法が一般的です。その他にも、自販機やインスタント、自前でサーバーを用意するなどの方法もあります。現在のオフィスや従業員にどの方法が適しているかは、メリットやデメリット、それぞれの特徴などを比較検討することが大切です。

レンタル給茶機と自前で用意したサーバーの比較

給茶機をレンタルするのではなく、自社でコーヒーメーカーやティーサーバーを購入しているオフィスもあります。こちらでは、レンタル給茶機と自前で用意したサーバーについて、3つの角度から比較します。

導入の手軽さ

導入の手軽さは、意思決定からサーバーを設置するまでの時間が短い、自前でサーバーを用意する方法に軍配があがります。レンタル会社とのやり取りや見積もりの確認、無料試飲など、給茶機をレンタルする場合はいくつかのプロセスを踏む必要があります。

メンテナンス

自前でサーバーを用意した場合、定期的なメンテナンスや日々の清掃は自社で行う必要があります。場合によっては、従業員の業務の妨げになる可能性もあります。

給茶機のレンタル会社のなかには、メンテナンスの充実度を売りにしているところも少なくありません。そういった会社からサーバーをレンタルすることで、自社でお手入れを行う必要がなくなり、常に清潔な状態で使用できます。

ダイオーズでは、別事業で培ったクリーンケアのノウハウを活かし、専門のスタッフが定期的にオフィスを訪問いたします。機器のメンテナンスはもちろん、付属品やドリンクの補充なども行いますので、お客様が面倒な作業を行うことはありません。

味わい

ダイオーズのレンタル給茶機は、品質や味わいにも力を入れています。お客様のもとに新鮮な状態でドリンクが提供できるよう、フレッシュパッケージングを開発し、いつでも淹れたての味わいをお楽しみいただけます。

近年は市販の給茶機の品質も向上していますが、本格的な味わいを楽しみたいのであれば、レンタル給茶機がおすすめです。

レンタル給茶機と自販機の比較

事業者に依頼すれば、オフィスに自販機を設置することもできます。こちらでは、レンタル給茶機と自販機について3つの点を比較します。

導入の手軽さ

導入の手軽さはレンタル給茶機に軍配があがります。給茶機の場合レンタル会社に問い合わせた後、スタッフとの打ち合わせやプランの提示、無料試飲の機会などを経て導入されます。

一方、自販機の場合は工事が必要になる可能性もあり、問い合わせから数か月後にようやく設置できるケースも珍しくありません。

味のバリエーション

味のバリエーションを重要視するのであれば、自販機という選択肢もあります。コーヒーやお茶、紅茶などはもちろん、炭酸水やジュースなども購入可能です。

ただし、ドリンクの種類にこだわった給茶機も多く登場しています。ダイオーズの「マースドリンクシステム」では、オフィスのニーズに応じたドリンクを提供できるよう、常時10種類以上のドリンクを取り揃えています。

設置スペース

給茶機は省スペースに設置できる点も魅力のひとつです。既存のスペースにマシンを設置するだけですぐに利用できます。

自販機を設置する場合は、新たにスペースを確保する必要があり、電源の関係で設置場所が限定されるケースも珍しくありません。

レンタル給茶機とインスタントの比較

現在すでにインスタントの紅茶やお茶を導入しているオフィスは少なくありません。こちらでは、レンタル給茶機とインスタントについて、以下の3点を比較します。

導入の手軽さ

インスタントは、導入の手軽さが最大の魅力です。スティックタイプのインスタントコーヒーや紅茶、お茶などをカップに入れ、お湯を注いだら完成です。メンテナンスの手間もないため、今すぐにでも導入できます。

味わい

味わい深いドリンクをお探しであれば、レンタル給茶機がおすすめです。レンタル会社が厳選した1杯をオフィスで楽しむことができます。インスタントの味に不満を感じているのであれば、レンタル給茶機の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コスト

インスタントはコストがかからないイメージがありますが、1杯あたりの価格はレンタル給茶機のほうが安いケースもあります。レンタル給茶機は本体代無料で提供している会社も多く、意外とコストがかかりません。給茶機を導入する場合は、会社ごとの価格をしっかりと比較しましょう。

まとめ

給茶機や自販機など、休憩時にドリンクを味わえる設備があると、従業員のモチベーションアップが期待できます。まだ導入していないオフィスは、これを機会に検討してみてください。 ダイオーズでは、オフィス向けのレンタル給茶機サービスを展開しています。オフィスの環境に応じて適切なプランを提案いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ティーサービス TEA

ティーサーバー ボトルサーバーと給茶機がひとつに。

バラエティドリンク DRINK 手軽につくれる本格ドリンクをラインアップ。

MARS drinks マースドリンクシステム

  • 多機能ウォーターサーバー「TEATRO」ティアトロ
  • TEA TOPICS ティーサーバー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH