COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

コーヒーをブレンドして自分の好みのオフィスコーヒーを淹れよう!

コーヒーをブレンドして自分の好みのオフィスコーヒーを淹れよう!

コーヒーの「ブレンド」は、世界各地の豆を一度に楽しめるため、初心者から玄人まで多くのコーヒー好きに愛される飲み方です。しかし、オフィスコーヒーでブレンドを行う場合、ハードルが高いように感じるかもしれません。今回は、本格的なコーヒーを楽しむのに欠かせない、コーヒーのブレンドに関する知識をご紹介します。

コーヒーの「ブレンド」って何?

複数の豆を一定の割合で混ぜ合わせて(ブレンドして)淹れたコーヒーを「ブレンドコーヒー」と呼びます。こちらでは、ブレンドコーヒーの特徴やオフィスコーヒーでのブレンドの可否についてご紹介します。

ブレンドによって独自の風味や味を生み出す

ブレンドコーヒーの最大の特徴は、複数の豆をかけ合わせることで、独自の風味や味を生み出せる点です。コーヒー豆は、産地や品種・焙煎度合いが異なると、香りや味にも違いが表れます。数種類の豆をブレンドすることで、それぞれの特徴を反映したブレンドコーヒーになるのです。

ブレンドコーヒーのなかには、「ブルーマウンテンブレンド」のように特定の豆の名前がついたものもあります。これは、特定の豆の含有量が30%以上のブレンドコーヒーを表しています。

オフィスコーヒーでもブレンドはできる?

ブレンドコーヒーといえば、専門店や通販サイトなどで購入する印象が強いですが、オフィスコーヒーでもブレンドは可能です。複数の産地の豆を用意し、お好みの配合で混ぜ合わせるだけで完成します。

ただし、オフィスコーヒーではあらかじめ最適な割合でブレンドされた豆が提供されているのが一般的です。ブレンドコーヒーに興味を持ったら、まずはそちらを試してみてください。コーヒーの知識や理解を深めた後に自らブレンドするのがおすすめです。

代表的なブレンド例

ブレンドコーヒーは、豆の組み合わせによって無数のパターンを作ることができます。ただし、安定した味を出すには先人の知恵を借りるのも大切です。こちらでは、ブレンドコーヒーの特徴ごとに代表的な配合をご紹介します。初めてブレンドコーヒーに挑戦する際は、ぜひ参考にしてください。

酸味を強調した配合

酸味の強いブレンドコーヒーがお好みの場合は、以下の配合がおすすめです。

コロンビア ブラジル モカ グアテマラ
30% 30% 20% 20%

フルーティーな香りを感じる「モカ」や、酸味の強い「グアテマラ」を多めに配合することで、酸味を強調したブレンドコーヒーになります。

苦味を強調した配合

苦味の強いブレンドコーヒーがお好みの場合は、以下の配合がおすすめです。

コロンビア ブラジル キリマンジャロ ロブスタ
30% 30% 20% 20%

深く焙煎したキリマンジャロは苦味が強く、コロンビアやブラジルといったマイルドでコクのある豆と合わせると、苦味がありつつも飲みやすいブレンドコーヒーに仕上がります。

コクを強調した配合

コクの強いブレンドコーヒーがお好みの場合は、以下の配合がおすすめです。

コロンビア ブラジル マンデリン グアテマラ
40% 20% 20% 20%

コロンビア産のコーヒー豆やマンデリンは、数多くある豆のなかでもコクが強い品種です。深いコクと芳醇な香りを楽しみたい場合は、両者をかけ合わせると良いでしょう。

黄金比

黄金比と呼ばれるブレンドコーヒーの配合は人によって異なりますが、ここでは一例をご紹介します。

コロンビア ブラジル モカ ロブスタ
40% 30% 20% 10%

もっともポピュラーなコロンビアとブラジル産の豆をベースにし、そこに甘い香りが特徴的なモカ、苦味の強いロブスタ種を加えることでバランスを取っています。ブレンドコーヒーを初めて淹れる際は、まずはこの配合を試してみるのがおすすめです。

オリジナルブレンドに挑戦する際のポイント

ブレンドコーヒーは、膨大にある豆から自分の好みに適したものを選ばなければなりません。こちらでは、オリジナルブレンドに挑戦する際の豆選びのポイントを3つご紹介します。

ブレンドするコーヒー豆は3~5種類がおすすめ

ブレンドコーヒーは、組み合わせる豆を変えることで無数のパターンを作り出せます。ただし、ブレンドするコーヒー豆が多すぎると、味にばらつきが出てしまい、安定した味を表現できません。味や風味を安定させ、飲んだときにそれぞれの特徴を感じられるよう、使用するコーヒー豆は3~5種類程度に抑えるのがおすすめです。

味のベースとなる豆の決め方

コーヒー豆をブレンドする場合、味のベースとなる豆を選ぶことが必要です。豆の持つ味わいや香りの特徴を踏まえて選ぶとお好みのコーヒーに仕上がります。

前出の表では、香ばしさが特徴的なブラジルや円熟したコクを持つコロンビアをベースとして使用しています。その他によく使われるのは、モカ・タンザニア・マンデリンなどです。

ベースとなるコーヒー豆は最低でも30%以上、特にその個性を際立たせたい場合は50%以上配合すると良いでしょう。

全体のバランスを考えて他の豆を選ぶ

ベースを選んで味わいの方向性を決めたら、全体のバランスを考えて他の豆を選びましょう。たとえば、ベースに「モカ」を選んだ場合、特徴的なフルーティーな香りとコクを活かすために「タンザニア」や「ブラジル」といった豆を選ぶのがおすすめです。

配合パターンを複数考えて、自分好みのブレンドコーヒーを淹れましょう。

まとめ

ダイオーズの提供するオフィスコーヒーでは、自社で焙煎したオリジナルブレンドコーヒーを提供しています。まずはこちらをお試しいただき、慣れてきたらオリジナルブレンドに挑戦するのがおすすめです。オフィスコーヒーをご検討の際は、当社までお問い合わせください。

コーヒーサービス COFFEE

本格エスプレッソマシン MIONE エスプレッソからカプチーノまで一杯ごとに豆を挽く

エスプレッソマシン FRANKE 多彩なメニュー抽出エスプレッソマシン&冷蔵ユニット

カフェマシン LINKA 省スペース設置コンパクトカフェマシン

レギュラーコーヒーマシン 様々な場面で活躍する2つの本格レギュラーコーヒーマシン

コーヒー豆ラインアップ 独自の焙煎技術とフレッシュパッケージング

  • COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH