COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

コーヒーサービスをオフィスに設置する理由や目的

コーヒーサービスが便利なことは理解しつつも、導入に一歩を踏み出せないオフィスも少なくありません。今回は、他の会社がどのような理由や目的でコーヒーサービスを導入しているのか解説します。自社へのコーヒーサービスの導入にお役立てください。

オフィスに設置するコーヒーサービスの種類

コーヒーはコンビニやコーヒーショップなどでも提供されていますが、オフィスにサーバーを設置する場合はいくつかの種類に限定されます。こちらでは、3つのタイプについて解説します。

設置型タイプ

レンタル会社やリース会社と契約を結び、マシンを提供してもらってオフィスに設置するタイプです。オフィスで準備するものがほとんどなく、届いたらカプセルやキットを設置し、ボタンを押したらすぐに美味しいコーヒーを楽しめます。

マシン代金は無料としている会社が多く、初期費用を大きく抑えられるのがポイントです。「とりあえず気軽にコーヒーを淹れられるマシンが欲しい」というオフィスに人気です。

レンタル会社やリース会社ごとに、マシンで淹れられるドリンクの種類、メンテナンスサービスの有無、カトラリーや付属品の種類などが異なります。

自動販売機タイプ

大型の自動販売機を設置し、紙コップにコーヒーが抽出されるタイプです。自動販売機のタイプによって提供されるドリンクの種類が変わり、砂糖やクリームの量、コーヒーの濃さなどを選べるものもあります。

設置型タイプと同様ボタンを押すだけで美味しいコーヒーを楽しむことができ、自動販売機の中に大量の在庫を抱えることができる点も魅力です。マシンの清掃も必要ないため、業務の妨げになることはありません。

ただし、設置するためにはある程度のスペースが必要で、電気代が会社負担となる点には注意が必要です。

市販のマシンを設置するタイプ

お気に入りのメーカーやマシンがある場合は、オフィスで市販のコーヒーマシンを購入する方法もあります。本体の購入費用やコーヒー豆やインスタントコーヒーの購入費用などがすべて必要となるため、初期費用は他のタイプと比べると高額です。

マシンの種類にもよりますが、1杯あたりの価格が安価になるケースも多く、コストを抑えたいオフィスで多く採用されている傾向にあります。ただし、市販のマシンを設置した場合、メンテナンスや清掃は自社で行う必要があります。

コーヒーサービスを設置する理由や目的

コーヒーサービスをはじめとした福利厚生を導入する場合は、理由や目的を明確にしなければ、従業員に利用してもらえない可能性があります。こちらでは、他の会社がどのような理由や目的でコーヒーサービスを導入しているのか確認します。

生産性の向上

働き方改革や生産性の向上を目指して、コーヒーサービスを導入しているオフィスが増えています。コーヒーサービスを設置することで、いつでも好みのドリンクを楽しむことができるようになり、従業員の満足度アップが期待できます。従業員がオフィスの環境に満足できれば、仕事に意欲的に臨むことができ、生産性の向上につながるでしょう。

従業員の負担軽減

コーヒーサービスが設置されていないオフィスでは、ドリンクを買うために外出しなければならず、業務の妨げとなっている可能性があります。オフィス内にコーヒーマシンや自販機があれば、いつでもドリンクを購入でき、気分のリフレッシュができます。

コスト面を考えても、コンビニで購入するコーヒー1杯より、オフィスコーヒー1杯分のほうが安価です。従業員のお財布にも優しいといえるでしょう。

休憩スペースの充実

オフィスで快適に仕事をするためには、休憩スペースが重要です。疲れたときやアイデアに行き詰ったときに休憩できるスペースがあると、従業員のモチベーションアップが期待できます。そこで、休憩スペースを充実させるために設備として、コーヒーサービスを導入するオフィスが増えています。

現在、休憩スペースを充実させたいと考えている場合は、コーヒーサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

オフィスに適したコーヒーサービスの選び方

オフィス向けのコーヒーサービスを提供している会社は少なくありません。こちらでは、オフィスの環境に合ったコーヒーサービスを選ぶためのポイントを解説します。

価格と味のバランス

コーヒーサービスの価格は、提供している会社によって異なります。会社の経費で導入する以上、価格と味のバランスが見合っているかどうかはチェックしたいところです。会社によっては、導入前に無料体験期間を設けているケースもあるため、ぜひ積極的に利用しましょう。

需要に応じたドリンクの種類

オフィスごとにドリンクの需要は異なります。ブラックコーヒーだけで良いオフィスもあれば、カフェオレや紅茶が欲しいオフィスもあるでしょう。需要に応じてマシンを選択すると、導入後に後悔する確率を減らすことができます。事前に従業員にアンケートを取り、それをレンタル会社に伝えるのがおすすめです。

メンテナンスサービスの有無

コーヒーサービスを導入する場合、レンタル会社がメンテナンスまで請け負ってくれるかどうかも重要です。メンテナンスを自社で行わなければならないと、そこに従業員の労力を割く必要があり負担です。メンテナンスサービスまで任せられる会社を選びましょう。

まとめ

オフィスにコーヒーサービスを導入する場合は、理由や目的を明確にすることが大切です。理由や目的に応じて最適なタイプ、会社を選択しましょう。 ダイオーズでは、多くのオフィスにご満足いただけるよう、さまざまなタイプのコーヒーマシンを提供しています。安心して利用するためにメンテナンスサービスも実施していますので、ぜひ弊社のコーヒーサービスをご利用ください。

コーヒーサービス COFFEE

本格エスプレッソマシン MIONE エスプレッソからカプチーノまで一杯ごとに豆を挽く

エスプレッソマシン FRANKE 多彩なメニュー抽出エスプレッソマシン&冷蔵ユニット

カフェマシン LINKA 省スペース設置コンパクトカフェマシン

レギュラーコーヒーマシン 様々な場面で活躍する2つの本格レギュラーコーヒーマシン

コーヒー豆ラインアップ 独自の焙煎技術とフレッシュパッケージング

  • COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH