COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

オフィスコーヒーの品質や価格に影響する産地のグレーディング

コーヒー豆をショップなどで購入したことのある方は、コーヒー豆に等級(グレード)がついているのを見たことがあるでしょう。コーヒー豆は、同じ産地であっても品質ごとに等級分けがなされています。等級ごとに豆を選別する作業のことを「グレーディング」と呼び、オフィスコーヒーの品質や価格にも影響を及ぼす重要な作業です。今回は、グレーディングの方法や基準についてご紹介します。

コーヒー豆の主な産地

コーヒーは世界各国で生産されており、それぞれ味や香りに違いがあります。また、生産国ごとにグレーディング方法も異なるため、まずはコーヒーの産地を理解しておくことが大切です。こちらでは、コーヒーの生産国が集まっているアメリカ大陸周辺と、アフリカ・アジアの生産国についてご紹介します。

アメリカ大陸周辺の生産国

世界最大のコーヒー生産国といえば、南米の国ブラジルです。世界の3分の1のコーヒーが作られており、雑味が少なく香り高いコーヒーが特徴的です。

また、中米のコロンビアも世界第3位のコーヒー生産国として知られています。やわらかい酸味を持っているのが特徴で、バランスが良く誰にでも愛される味わいです。

その他にも、グアテマラ、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコ、ペルーなど数多くの生産地があり、なかでもジャマイカにある山の名前をつけた「ブルーマウンテン」は人気の高いコーヒー豆です。

アフリカ・アジアの生産国

アフリカ大陸に目を向けてみると、コーヒー発祥の地として知られるエチオピアが有名です。エチオピアで収穫される「モカ」は、フルーティーな味わいが人気で、コーヒー初心者の方でも美味しく味わえます。

南方にあるタンザニアでは、山の名前を模した「キリマンジャロ」が有名です。酸味や香り、コクが強く、パンチの効いたコーヒーをお求めの方に人気があります。

アジアでは、「マンデリン」の産地であるインドネシアのスマトラ島がコーヒーの産地として有名です。独特の苦味や風味が、コーヒー通から愛されています。

コーヒーの品質や価格を決める3つのグレーディング

生産処理が終わると、コーヒー豆は出荷準備に入ります。その段階で、選別され等級づけ(グレーディング)が行われます。グレーディングの方法は生産地ごとにさまざまですが、こちらでは代表的な3つの基準をご紹介しましょう。

標高

まずは、生産地の標高の高さによるグレーディングです。一般的に標高が高い地域のほうが昼夜の寒暖差が大きく、実がゆっくり熟すため、品質が高いといわれています。そのため、標高の高い地域で作られた豆ほどグレードは高くなります。たとえば、グアテマラでは標高1,400m以上のものがもっともグレードが高く、600m以下がもっとも低いグレードです。

スクリーン

コーヒー豆の大きさの単位をスクリーンといい、サイズの大きい豆ほどグレードが高くなります。1スクリーンは1/64インチで、約0.4mmのサイズです。たとえば、有数の産地であるコロンビアでは、18スクリーン以上のものが「プレミアム」と評価され、もっとも高い評価を受けます。

欠点豆の数

最後は欠点豆の数です。欠点豆とは、異物や虫食い、割れ豆、未熟豆などコーヒーの品質に悪影響を与える豆の総称で、欠点豆の混入数が少ないほどグレードの高い豆と評価されます。たとえば、エチオピアでは生豆300gに対して欠点豆の数が0~3個の場合にグレード1の評価を受けることができ、市場でも高値で売買されます。

産地ごとのグレーディング方法

グレーディングは、上記の3つの基準を用いて行うのが一般的ですが、産地ごとに独自の基準を採用しているケースも珍しくありません。こちらでは、産地ごとのグレーディング方法をいくつかご紹介します。

ブラジル

ブラジルでは、スクリーン・欠点数・味の3つを評価してグレードを決めます。なかでも輸出できるのはスクリーンサイズ16以上とされているため、ブラジル産のコーヒー豆を見つけたら他の産地の豆と大きさを比べてみるのもおもしろいでしょう。

グアテマラ

グアテマラは、グレーディングを標高のみで行う世界でも珍しいコーヒーの産地です。最上位は「SHB」と評され、市場では「グアテマラSHB」と表記されます。

コロンビア

コロンビアはスクリーンでグレーディングを行い、基本的に14以下のサイズは輸出できません。ただ、一部のグレードは12スクリーン以上で輸出できるため、コロンビア産の小さなコーヒー豆を見つけたら確認してみるのがおすすめです。

ジャマイカ(ブルーマウンテン)

ジャマイカ産のブルーマウンテンは、スクリーンと欠点豆の数でグレーディングを行います。とくに、どのグレードであっても欠点豆の数は最大2~4%となっているため、国外に流通しているブルーマウンテンはどれも品質が高いといわれています。

まとめ

オフィスコーヒーを提供しているダイオーズでは、品質の高い豆を提供できるよう、グレーディングも含め常に市場に目を光らせるなど尽力しています。ホームページでは、コーヒー豆の産地や味わいの違いなども公開しているため、購入する際はぜひ参考にしてください。

コーヒーサービス COFFEE

本格エスプレッソマシン MIONE エスプレッソからカプチーノまで一杯ごとに豆を挽く

エスプレッソマシン FRANKE 多彩なメニュー抽出エスプレッソマシン&冷蔵ユニット

カフェマシン LINKA 省スペース設置コンパクトカフェマシン

レギュラーコーヒーマシン 様々な場面で活躍する2つの本格レギュラーコーヒーマシン

コーヒー豆ラインアップ 独自の焙煎技術とフレッシュパッケージング

  • COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH