COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

オフィスコーヒーでも味わえる?世界中でもっとも権威のある称号「カップオブエクセレンス」とは

オフィスコーヒーであっても、少しでも品質が高く美味しいものを味わいたいと思うものです。品質の高さを表す基準はさまざまありますが、世界が認めたコーヒーである「カップオブエクセレンス」を参考にしてみてはいかがでしょうか。今回は、世界中でもっとも品質の高いコーヒーに与えられる、カップオブエクセレンスについてご紹介します。

カップオブエクセレンスとは?

カップオブエクセレンス(COE)とは、その年に収穫されたコーヒーのなかで、最高品質のものに与えられる称号であり、国際的な品評会の名称でもあります。こちらでは、カップオブエクセレンスの概要についてご紹介します。

カップオブエクセレンスの概要

カップオブエクセレンスは、各生産国が持ち回りで、年に一度開催されています。世界中からコーヒー店経営者やバイヤーなど、コーヒーのプロたちが集まり、品質や味わいを審査して点数、順位をつけます。

点数に応じて「入賞」や「トップオブトップ」などの称号が与えられ、その年のカップオブエクセレンスのロゴをつけて販売することが許されるのです。入賞したコーヒー豆を取り扱うお店は、「COE入賞」や「COE〇位」といった記載をしているケースが多いため、コーヒーショップを訪れた際は探してみるのもおもしろいかもしれません。

コーヒーピラミッドとは?

世界中のコーヒーは、さまざまな評価基準をもとに、出品されたコーヒーが下記のようにランク分けされます。

  • トップオブトップ
  • トップスペシャルティ
  • スペシャルティ
  • プレミアム
  • ハイコマーシャル
  • コマーシャル

そして、これらをピラミッド状に並べたものをコーヒーピラミッドと呼び、各生産者は頂点であるトップオブトップを目指して日々コーヒーを作り続けています。

カップオブエクセレンスが決まるまでの流れ

カップオブエクセレンスは、世界中からコーヒーのプロが集まり、審査を行います。こちらでは、トップオブトップが決まるまでの流れを詳細に見ていきます。

出品

カップオブエクセレンスには、国内審査を通過したコーヒーが出品されます。農園単位で出品されることがほとんどですが、畑や生産処理方法が異なると別口で出品されるのが基本です。カップオブエクセレンスに出品するコーヒーは、厳しい国内審査を通過したものであり、いずれもスペシャルティコーヒーに位置づけられます。

テイスティング

テイスティングでは、審査員が香りをかぎ、実際に味わって酸味や甘み、フレーバーなどを確かめます。この審査を行う国際審査員は、アメリカや日本などのコーヒー消費国側と、ブラジルやグアテマラなどのコーヒー生産国側から24人のプロが選出されます。

評価

テイスティングの結果をもとに最終的な評価を行います。各コーヒーを100点満点で評価し、86点以上獲得したものが入賞となり、その年のカップオブエクセレンスのロゴをつけて販売することが許されるのです。また、評価が90点を超えると、プレジデンシャル・アワードというさらに大きな賞を受賞できます。

オークション

カップオブエクセレンスに入賞したコーヒーは、インターネットオークションで販売され、世界中の商社やコーヒー店が落札します。このオークションには日本のお店やバイヤーも数多く参加しているため、日本でもカップオブエクセレンス入賞のコーヒーを楽しむことができます。

カップオブエクセレンスが目指すコーヒーの「輪」とは?

カップオブエクセレンスの掲げる最大の目標は、フェアトレードの拡大です。コーヒーの生産地は途上国に、消費地には先進国が多い傾向にあり、長年消費地側の都合で生産コストを下回る価格で取引されてきた背景があります。

カップオブエクセレンスに出品されるコーヒーは、すべてスペシャルティコーヒーです。高品質な豆が正しい評価を受け、取引価格が上がれば、生産者の生活環境が改善されさらに高品質なまめをつくるモチベーションにつながることが期待されています。

こちらでは、カップオブエクセレンスが掲げる残り2つの目標について確認します。

トレーサビリティ

追跡可能性のことで、コーヒーの生産地や生産処理方法などの履歴をたどることができる状況を意味しています。現在は、生産地側と消費地側の双方の事情により、情報をたどれないケースが多いようです。生産情報の透明性が高くなると、品質への信頼も高くなり、取引価格の安定が期待できます。

サステナビリティ

持続可能性のことで、生産者が安心してコーヒーをつくり、消費者も適正な価格でコーヒーを楽しめる状況を意味します。コーヒーの生産は天候に左右され、価格にも大きな影響を与えます。生産者が高品質な豆を作り続けるには、安心して栽培できるような環境整備が大切です。

まとめ

ダイオーズの提供するコーヒーマシンは、カップオブエクセレンスに輝いた豆も、十分に魅力を引き出すことができます。街でカップオブエクセレンス受賞の豆を見かけたら、ぜひ購入して味の違いを試してみてください。現在オフィスコーヒーの導入をご検討であれば、当社へのご連絡をお待ちしております。

コーヒーサービス COFFEE

本格エスプレッソマシン MIONE エスプレッソからカプチーノまで一杯ごとに豆を挽く

エスプレッソマシン FRANKE 多彩なメニュー抽出エスプレッソマシン&冷蔵ユニット

カフェマシン LINKA 省スペース設置コンパクトカフェマシン

レギュラーコーヒーマシン 様々な場面で活躍する2つの本格レギュラーコーヒーマシン

コーヒー豆ラインアップ 独自の焙煎技術とフレッシュパッケージング

  • COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH