COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

オフィスコーヒーでも味わえる?コーヒー飲料類の分類

缶コーヒーやペットボトルのコーヒー飲料を飲んでいるときに、成分表の表示が気になったことはありませんか?みなさんが普段飲んでいるのは、コーヒーではないかもしれません。今回はコーヒー飲料の分類についてご紹介します。コーヒーについて学べば、オフィスコーヒーがさらに美味しく感じられるでしょう。

コーヒー飲料類の3つの分類とは?

コーヒーは、「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」に基づき、下記の3つに分類されます。

  • コーヒー
  • コーヒー飲料
  • コーヒー入り清涼飲料

それぞれの違いについてご紹介します。

生豆の分量が分類の決め手

3つのコーヒー飲料類は、内容量100gに含まれる生豆の分量によって分類されます。具体的には以下の通りです。

分類100gあたりの生豆の量
コーヒー5g以上
コーヒー飲料2.5g以上5g未満
コーヒー入り清涼飲料1g以上2.5g未満

分類基準は上記の内容のみで、見た目の違いやホット・アイス、使用する容器などは全く関係ありません。また、近年見かけるようになった「カフェインレスコーヒー」は、コーヒー入り清涼飲料に含まれます。

カフェオレはコーヒー飲料類に含まれる?

コーヒー好きからコーヒーが苦手な方まで、幅広く愛されているカフェオレなど乳成分を含んだドリンク。これらはどういった分類になっているのでしょうか。

カフェオレはコーヒー飲料類か乳飲料か

コンビニやスーパーで販売されているカフェオレを確認すると、下記の2つの表示があることがわかります。

  • 「乳飲料」表示
  • 「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の表示

つまり、カフェオレやカフェラテなどの乳成分を含む飲み物は、コーヒー飲料類としての側面と、乳飲料の側面を併せ持っているのです。コーヒーも牛乳も好きな方に最適な飲み物といえます。

また、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」によると、乳固形分を3%以上含む場合は「乳飲料」と表記すれば足りるようです。より乳製品を強く感じられる製品をお求めの場合は、表示を確認するのがおすすめです。

コーヒーの甘さによる分類、無糖・低糖・微糖とは?

コーヒーは、「甘さ」によっても分類されます。無糖・低糖・微糖という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし、3種類がどのように分類されているか、低糖と微糖はどちらが甘いのかなど、わからないことも多いはずです。こちらでは、3つの分類についてそれぞれの定義や違いをご紹介します。

3つの分類は「糖類」の量で決まる

無糖・低糖・微糖は、「食品表示法」に基づいた分類です。具体的には、コーヒー100mlあたりに含まれる「糖類」の量でどれに分類されるかが決まります。下記の表で確認しましょう。

種類 100mlあたりの糖類の量
無糖 0.5g未満
低糖 2.5g未満
微糖 2.5g未満

表からもわかる通り、低糖と微糖は基準に違いはありません。100mlあたりの糖類の量が2.5g未満であれば、どちらを表示しても良いとされています。どちらが甘いかはメーカーによって異なるため、食品成分表の糖類の量を確認すると良いでしょう。

また、無糖と表記されているコーヒーも、糖類が全く含まれていないとは限りません。糖分ゼロのコーヒーを飲みたい方は、オフィスコーヒーなどを活用するのがおすすめです。

上記の内容は、コーヒーに限らず紅茶やココアなどすべての飲料に当てはまります。

甘さ控えめとは?

低糖や微糖とよく似た表現で、「甘さ控えめ」や「ほど良い甘さ」などの表示を見かけることがあります。これらは味覚に関する表示とされ、明確な基準はありません。メーカーが自由に表記することができるため、参考程度にしておくと良いでしょう。

コーヒーの「ブラック」と甘さの関係

糖類の量によるコーヒーの分類の際、「ブラックかどうかも砂糖の量で決まるの?」「ブラックと表記されたコーヒーを飲めば甘くないはず」と考えた方も多いでしょう。しかし、コーヒー飲料類に使われる「ブラック」という単語は、砂糖の有無は関係ありません。「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」によると、乳製品もしくは乳化された食用油脂を使用していないコーヒーを「ブラック」と表記するようです。

つまり、ブラックコーヒーには無糖と加糖が存在するということです。具体的には、以下の通り分類されます。

  • 無糖+ブラック……100mlあたりの糖類の量が0.5g未満、かつ乳製品や乳化された食用油脂を使用していないコーヒー
  • 加糖+ブラック……糖類を含み、かつ乳製品や乳化された食用油脂を使用していないコーヒー

糖類を使用した場合は、「加糖」の表記が義務づけられているため(※低糖・微糖の表記がある場合は不要)、糖類が極力含まれていないコーヒーを飲みたいときは無糖表記のものを探しましょう。

まとめ

ダイオーズの提供するコーヒーマシンでは、無糖のコーヒーからカフェオレ、カプチーノなど、幅広い楽しみ方が可能です。「コーヒー好きの方しか飲めない」「種類が少ない」など、オフィスコーヒーの欠点を改善しています。また、淹れたてを飲める分、缶コーヒーやボトルコーヒーにはない魅力も感じられるでしょう。オフィスコーヒーの導入をご検討の際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

コーヒーサービス COFFEE

本格エスプレッソマシン MIONE エスプレッソからカプチーノまで一杯ごとに豆を挽く

エスプレッソマシン FRANKE 多彩なメニュー抽出エスプレッソマシン&冷蔵ユニット

カフェマシン LINKA 省スペース設置コンパクトカフェマシン

レギュラーコーヒーマシン 様々な場面で活躍する2つの本格レギュラーコーヒーマシン

コーヒー豆ラインアップ 独自の焙煎技術とフレッシュパッケージング

  • COFFEE TOPICS オフィスコーヒー情報

Copyright (C) Daihos Corporation. All Right Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456
ENGLISH